本麻半襟【梅屋×新之助上布】オレンジストライプ

3,500円(税込3,780円)

定価 3,500円(税込3,780円)

購入数

“"
梅屋×新之助上布を手軽に試せる半襟!
毎夏、ご好評を頂いております梅屋と新之助上布のコラボレーション。
カラフルな色使いが特徴の新之助上布の織元で、さらに梅屋好みのモダンなオリジナル柄を織ってもらっております。
その梅屋×新之助上布の魅力を、気軽に試しやすいのがこの半襟。
カラフルで楽しい夏のコーディネートが完成します!

【新之助上布とは】
上布とは平織りの麻織物のこと。非常に細く上質な麻糸で織り上げられる麻布の最高級品です。
近江上布は昭和52年に国の伝統的工芸品として指定を受け、現在はわずかな職人が生産を続けています。
新之助上布は、この近江上布の織り元である大西新之助商店のオリジナルブランドです。
近江上布の伝統工芸士である大西實氏が、伝統を守りつつも自由奔放に織りだす楽しい生地たち、それが新之助上布です。
詳しくは、新之助上布weboshopこちらのページもご参照ください。


襟元にカラフルなアクセント
ランダムに切った生地なので、着用すると2〜3色の色が襟元に現れます。
襟の抜き加減や体型、半襟の出し具合によって、色の出方は変わってきますので、ご確認くださいね。
こちらの半襟は、端からオレンジ系25cm、グリーン系41cm、ブルー系41cm、ピンク系2.5cmの配色です。
上前と下前を入れ替えて、2通りの使い方ができます。

夏の暑さには、やはり麻100%
「一度麻を着てしまうとその涼しさに他の素材は着られなくなる」と言われる麻100%の着物。
それと同じ生地を使用しているため、吸湿性・速乾性にすぐれているため、汗をかいてもすぐに乾くのが特徴です。
また、ちぢみ加工がされているので生地に凹凸があり、汗をかいても肌にまとわりつかず、さらりとした着心地が続きます。
新之助上布の本麻ちぢみは、麻のハリ・シャリ感と同時にしなやかさがあり、肌触りが良いのも特徴です。
※生地について詳しくは新之助上布webshopこちらのページもご参照ください。

春夏の普段着におすすめ
6月から9月までをメインに、前後の季節は、気候やコーディネートに合わせてお使いください。
木綿や綿麻、本麻、ポリエステルなど普段の気軽なカジュアル着物と相性抜群です。

コーディネート:
(左上))セオ・アルファプレタ浴衣【マリンロープ】トリコロール
(右上) 本麻プレタ着物【小千谷縮】グレーストライプ
(左下))セオ・アルファプレタ浴衣【サークルボーダー】パステル
(右下)セオ・アルファプレタ浴衣【サークルボーダー】ディープ


素材:麻100%
サイズ:長さ約110cm、幅約20cm。3辺はピンキングばさみ処理です。
生産:日本製


“"
送料195円にて、日本郵便クリックポストでの発送可能です。
※クリックポストについて詳しくは配送についてのページをごらんください。

レビューはありません。

>
>